支団長挨拶

2016年4月24日就任


 団員さん안녕하십니까

 この度、民団大田支部第67回定期総会にて支団長に就任致しました、馬光男です。どうぞ宜しくお願い致します。

 植民地支配からの解放後、日本社会に根強く残る民族差別や、ほとんどの同胞が貧しい中、在日同胞の生活と人権を守るために、民団が創設され、今年で70周年を迎えます。

これまでに、就職差別・地方公務員国籍条項・公営住宅入居差別・指紋押捺・再入国・地方参政権・無年金問題等々、当然の権利を勝ち取るために民団は闘って来ました。私たちの要望を日本社会に反映して行くには本国との連携も欠かせません。そして韓日関係の発展こそが私たちにとって重要なのだと思います。

 ここ数年間の懸案事項でありました従軍慰安婦問題は昨年末、一応の決着をみました。合意が誠実に履行される事で更なる関係改善の道へと繋がる事でしょう。しかし、ヘイトスピーチや歴史教科書問題等、解決すべき問題がこの日本には、いまだに存在します。日本で最大の民族団体である民団は、これからも私たちの生活と人権を守るために絶対になくてはならない組織です。

 団員の皆さん!どうか周りの友人に声を掛けて下さい。また、独立された子供さんにも団員になる様勧めて下さい。日本国籍となった方でも団員になれます。数は力です。数のな

い組織の影響力は限られてしまいます。大田支部には新年会・花見会他「集い」の場がたくさんあります。無料法律相談・納税貯蓄組合などの生活支援もしております。一度、インターネットで「民団大田支部」と検索して下さい。

 大田支部は同胞の交流を深めるための開かれたマダン(広場)になる事を願っています。

団員の皆さん!より良い生活のために大田支部を大いに活用して下さい。皆で民団を支え守りより一層発展させていきましょう。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

民団東京大田支部団長  馬光男

 


役員名簿  

 

  梁   直  基 顧問  

梁 在 星 顧問

千 善 康 顧問

尹 重 丸 顧問

柳 箕 桓 顧問

朴 憲 哲 顧問

盧 幸 一 顧問

                           黄 昌 吉 常任顧問 

【議決機関】

議長 李 康 浩
副議長 黄  幸  吉
副議長 南  勇  鉄
【執行機関】

支団長 馬 光 男
副団長 金 長 進
副団長 朴 英 鎬
総務課長 朴 大 憲
組織課長 柳 榮 暁
生活課長 宋 文 星
文教課長 崔 昌 永
事務部長 李 香 眞
事務員 金 元 順
集金員 黄 幸 吉
集金員 趙 南 順 
【監察機関】

監察委員長 千 憲 司 
監察委員 尹 久 次
監察委員 朴 泰 完

(2016年6月7日現在)